" />

イタリア バチカン ローマ

数多くの種類の展示  バチカン美術館 part1 彫刻編

こんにちは、また今日もはっきりしない天気ですねー。ちょっとグズついてきそうな気配があります。暑いのは困りますが、カッと晴れてくれる日もないと何だか気持ちも晴れ晴れとした気分にならないのは僕だけでしょうか?


さてさて、ちょっと今また出かけていて充分に編集できる環境ではないので、ちょっと画像の方向が変な方向を向いているかもしれませんがちょっとご勘弁を。。。

それでは、更新していきます!

さて、入り口は以前書いた記事に書いた通り少し地味ーな入り口になっています。秘密の隠れ家感があって、これはこれでありなのかもしれません。

ちなみに、バチカン市国から美術館へ向かう道路には、このようなオブジェ?がたくさん並んでいます。美術館に入る前からすでにもう芸術的な雰囲気が出ていますね。文字も彫られているのですが、なんて書いてあるんでしょうか。

広めの入場口から、機械での荷物検査も受け、2階に向かいます。カウンターがいくつかあって、そちらで入場券を購入しました。入場券もおしゃれな柄をしていますねー。これだけでもお土産になりそうな良いデザインですね。

展示場へはエレベーターと船の展示がある螺旋状の道の2つがあります。展示場に入る前から、いろいろ見せてくれるのはお得だなーと思い、螺旋階段から行きました。世界各地の船の模型が飾ってありました。何で船の模型なんだろう?とその時は思っていたのですが、今書きながら文化が発展するところは、水辺の近くのところが多かったよなーと思って、文化の発展の歴史=船の歴史、という意味合いがあって船の展示があったのかなあと思いました。

ちょっとボケてますが、展示場に向かう階段です。物が飾っていないところでも、装飾が綺麗で海外の美術館は美術館の建物自体が芸術品ですよね。しかし、周りが華美すぎるとどちらを見るべきなのかが、分からなくなりそうですよね。だから、展示物があるところは壁の装飾がシンプルになっています。でも、天井は豪華な絵画が書かれていたりと、やっぱりゴージャスさが凄いです。

最初に見に行ったのは、彫像ゾーンでした。相変わらず、細かい丁寧な彫りで作られています。人物の彫像が多いのは外国人の方は、顔の彫りが深く作品として作った際に様になるからよく作られたのでしょうか?日本ではあまり彫像があるっていう印象はないのですが…。仏像などは木彫りではあるよなーと浮かんではくるんですがねー。

こちらはエジプトの神様のアヌビス神の像ですね。近年色んなゲームだったりで、神話を取り入れたものが作られているので、色んな神様を覚えてきたので一目見た瞬間に「アヌビス神だ!」とすぐに分かったほどでした。アヌビス神は冥界の神、氏を司る神様ですね。上半身が犬、もしくはジャッカルの姿で描かれます。特徴的なその見た目は覚えやすいですね。また、絵画などでは上半身の獣の姿が真っ黒の毛並みで描かれているので、その色合いから冥界を司るということが僕的には関連付けやすく、覚えやすいですね。

ちなみにこちらがアヌビスの父親のオシリスです。アヌビスはオシリスとネフティスの間に生まれた子どもです。

こちらも同じく、エジプトの神様で、「トト神」ですね。「ヒヒ」の姿をしています。トトもエジプトだったよなあと調べてみたら、それはあっていたのですが、トトには「ヒヒ」で描かれる時と「(鳥類の)トキ」で描かれる時があるようです。トキで描かれることもあるのは知らなかったですね。トトは知恵の神のようです。写真は1枚ですが、何体かありました。


たくさん彫像が並べられたコーナーに行きました。ここには躍動感のある彫像たちが飾られています。過去の偉人や神話の登場人物などが置かれているようでした。この連なり写真の中の2枚目の通りは、もうどんだけ飾ってあるんだと思うほどの量が置いてありました。

こちらはまた大きな彫刻の中に細かい彫刻がたくさんあしらわれていたので、凄いなーと思って撮った1枚ですね。恐らく作品名が書かれたプレートには『The Nile』と書かれていたので、ナイル川を擬人化したものでしょうかね。

通りの奥には立派なモザイクタイルの床があって、色んな芸術の表現の仕方があるんだなーと思いました。天井はまた規則的に並べられた綺麗な柄が一面に並んでいてこちらも壮観でした。


ふー、彫刻だけでもたっぷりありました。ここではオーディオガイドは借りなかったんですが、借りていたらどんだけ時間がかかったんだろうと思います。色々情報を聞きながら見てみたい気もするのですが、時間と労力が倍以上かかってしまうので、時間と自分の体に要相談ですね。笑

それでは、今回はこの辺で!また、次回に!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-イタリア, バチカン, ローマ

Copyright© Hirakumagic , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.