" />

フランス・パリ 海外事情

あっという間の1ヶ月。さらば欧州...ただいま日本!

こんばんは、いよいよ大晦日!2019年もあっという間に終わりを迎えてしまいました。我が家の例年通りの年越し前参りも終わり穏やかに過ごせるようになりました。僕にとっては、例年通りの1年に比べて、何年分もあったくらいに濃密な1年を過ごしました。また、振り返りの記事も書こうと思いますが、とりあえず今回は旅の記事の最後の内容を書こうと思います。


さあ、いよいよ帰宅の途につく日です。友人宅を出てCDG空港に向かいます。(これでシャルル・ド・ゴール空港の略なんです。カッコ良すぎでは?笑)
時間には余裕を持って向かっていたのですが、大きな駅に着いた時に、どれが空港に向かうものか乗り場が多すぎて分からなくなってしまいました。

ちょっとどうしようか迷っているとそれらしき乗り場を見つけました。しかし、そこが確実なものという保証がありません。そこで近くにいた穏やかそうな老夫婦さんに、翻訳アプリを使って「CDG空港に向かうのはこの乗り場で合っていますか?」と聞きました。すると、「ここで合ってるよ」、「私たちも向かうのよ」と親切に教えてくれました。

その後、電車に乗れてからも「これで良いのよ」という意味ありげな笑顔を送ってくれて親切な方だなあと小事がほっこりする出来事もありました。

そして、空港の2つか3つ前?位の駅ではコスプレをしている人たちがたくさん出てくる駅がありました。ちょうど、僕がパリを訪れていた時期が「Japan Expo」が行われている時期だったようです。(日本で言うほぼコミケですね。)オタクな僕としては少し覗いてみたい気もしたのですが、体力的な余裕もなかったので、見送りましたがコスプレのクオリティも高く、行っておけば良かったかなと少し後悔しました。笑

以前にもあげたかもしれませんが、(Twitterだけかもしれません)これがCDG空港(一部)です。まるで、SF映画に出てくる宇宙船のような見た目のターミナルですね。すごくかっこいいです!

内部も大きなエスカレーターが中央に行き交っていて、未来感を感じさせます。

受付がこちらでした。すごい桁の受付があるので自分の受付があっているのか、不安になるほどでした。ですが、受付が始まってからも少しトラブルが。今まで荷物については、ほぼほぼ引っかかる事はなかったのですが、受付のお姉さんが「それは預かれない」みたいなことを言っている様でした。しかし、予約のメールには30kg以内ならいけるはずなのに...!と思ってその予約メールを見せようと思ったところに、横にいた男性スタッフの人が助け舟を出してくれて、荷物を預かってもらいました。ですが、その受け取り方も何だか不機嫌にお姉さんが終わらそうとするので、適当に受付してないよな?!ちょっと疑わしかったので、「(ちゃんと)到着は名古屋?!」と聞いたら、ぶっきらぼうに「そうだよ」と言われたので、そしたらまあ大丈夫か...と一抹の不安を抱えながら、搭乗に向かいました。

長い長い動く歩道を歩いて、搭乗に向かいます。
ここから約19時間のフライトになります。
これがまあ辛かった帰国のフライトになりました。笑

と、言うのも出発が11:20でお昼ぐらいなのでまだ全然眠たくないんですよね。笑 ですが、することもないし暇つぶしができることも限られているので、時間が進むのがまあー、おっそい。笑
そして、寝れないからずっと起きてて揺れに揺られて飛行機酔いに襲われる。
気持ち的な部分というより、体調的なところで(早く日本に着いてくれ...)と思いながら長い時間を過ごしました。

酔いもあるので、この食事の半分も食べませんでした。笑

時間をつぶすために機内上映を見ていたのですが、この画像。「効率的に犯罪に取り組む謎の組織という、現在のFBI」この説明だとFBIが犯罪集団みたいな表現になっていると思うのですが、正しくは「効率的に犯罪【対策】に取り組む謎の組織という、現在のFBI」という表現が正しいでしょうね。笑
映画自体は普通に面白かったです。笑

2回目のこちらの食事はお粥状になっていて、あー日本が近づいてきていると安心感とともに食も進み、ちょっと酔い対策にもなりましたかね。


そして、ついに日本に帰国!!!

日本語の表示を見ると安心するとともに、少し違和感もありました。笑
何で、日本語がこんなにありすぎるんだ、っていう。笑

不安だった荷物もちゃんと帰ってきてくれたので、何もかもが無事に日本に到着しました。ちょこちょこトラブルはありましたが、終わりよければ全てよし!ということで、自宅へ向かっての途につきました。
中部空港から、名古屋に向かうのに切符を買うのですが、もう日本円をわざわざ財布から出すのも面倒だったので、クレジットで払ってしまおうと思ったのですが、券売機ではクレジット非対応、と今までは何の違和感もなかったことだったのに(えっ日本めんどくさ..)と早速海外かぶれの印象を持った僕でした。笑


何とか書き終えましたー。後半に行くほどにやっつけ記事になってしまったかなーとも思うのですが、楽しんでもらえる方がいたら幸いです。これにて一段落したので、個人的には少し満足しています。今度は海外にて感じたことや考えたこと、帰国してから考えたこと、気づいたことなども書いていこうかと思っています。ある意味制限がなくなるので、自分の考えをたくさん書いていこうかと思うので、これからも見にきてもらえる機会を持ってもらえたらとっても嬉しいです。

さて、それではこれを結びに2019年締めの記事とさせて頂こうかと思います。
それでは皆様、良いお年をお迎えください。

今回はこの辺で、それでは、また来年!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-フランス・パリ, 海外事情

Copyright© Hirakumagic , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.